喘息全書
喘息の基礎知識
喘息の基礎知識
【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説喘息の原因や症状・種類と共にスパイロメーターによる検査・診断の方法、治療に使われる薬についての知識をご紹介します。
喘息の基礎知識 カテゴリ一覧へ >>
自分でできる喘息対策
自分でできる喘息対策
【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題発作を抑えるための吸引器の正しい利用法をご案内!食べ物や飲み物がキッカケで症状がでることも、アロマやサプリ、温泉は症状軽減に有効とされています。
自分でできる喘息対策 カテゴリ一覧へ >>
喘息の合併症や似ている病気
喘息の合併症や似ている病気
【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細喘息に似た症状が出る病気や合併症は、結核や肺炎・肺がんなど最悪命に関わる可能性もありますので、症状などを把握しておく必要があります。
喘息の合併症や似ている病気 カテゴリ一覧へ >>
気管支喘息Q&A
気管支喘息Q&A
【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について喘息にまつわる、風邪から喘息になる?完治はしないの?秋に症状が出やすいって本当?水泳で喘息が治るって本当?などのハテナを解決!
気管支喘息Q&A カテゴリ一覧へ >>

喘息のさまざまな知識

喘息

喘息の知識喘息はおそらく、生まれつきの病気というイメージを持つ人が多いかと思います。
確かに子供時代に発症するケースが多いですが、大人が発症することも珍しくありません。

ここでは突然の発症や発作に備えるべく、喘息に関するさまざまな知識を紹介しています。

原因や対処法などを知っておく

予防に繋がる原因や対処法喘息は有名な病気ですが、本人でなければその苦しみは到底わかるものではありません。
どんな場合にも言えることですが、自分の身に起きて初めてその大変さがわかるものです。

子供の頃だけでなく、成長してから発症することもあるのが喘息ですので、原因や対処法などの情報を前もって知っておきましょう。

アレルゲンのほかストレスも原因に

身近な原因喘息の人は、気管支が慢性的に炎症している状態にあります。
そのため、普通の人には何てことのないちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。
気管支を刺激する代表的なものとしては、ホコリやダニなどのアレルゲンが挙げられますが、ストレスなど心理的な負担が原因になることもあるので気が抜けません。

喘息は癌のように怖いイメージはありませんが、原因物質はどれも身近なものばかり、親から子へと受け継がれやすいなど、思っている以上に厄介な病気なのです。

発作を起こしそうなものをチェック!

発作の要因となり得る物呼吸は、気道がきちんと機能しなければ正常に行えません。
喘息は気管支が必要以上に狭窄し、激しい咳や呼吸困難などの辛い症状が表れる病気です。

軽症の喘息発作であれば自然に治まることもありますが、重症の人や、夜寝ている時にいきなり発作が表れた場合などは、窒息して命を落とすことも珍しくありません。
ですので、発作を誘発しそうなものが近くにないかなど、自分を取り巻く環境をしっかりチェック・把握しておくことが大切です。

様々な検査による正しい診断が大切

適切な検査と診断繰り返される咳や、咳をすると胸がゼーゼー鳴ったりしたら、喘息が疑われます。
決して単なる風邪やタバコにむせただけ等と軽く解釈せずに、必ず病院へ行きましょう。

喘息は主に、スパイロメーターを用いた呼吸機能検査などで調べますが、他にもさまざまな検査を行います。
これらはどれも、重症度の判定やアレルゲンの特定、他の呼吸器疾患との識別を図るために重要です。

喘息検査や正しい診断を行うのは医師の役目ですが、自分でも検査の内容や結果の見方といった情報は知っておきたいものです。

根本的に治す方法はありませんが…

気管支喘息のステロイドによる対処療法一般に喘息というと気管支喘息のことを指します。
喘息と名のつく疾患は、他にもアスピリン喘息や咳喘息などがありますが、いわゆる喘息とはメカニズムが違いますので、治療はそれぞれに合った方法で行わなければいけません。

なお気管支喘息治療の中心となるのは、ステロイドなどの薬剤を用いた薬物療法です。
喘息を根本から治せる方法ではありませんが、発作の予防や症状緩和には欠かせませんので、必ず定期的もしくは状況に応じての吸入が必要です。

食事内容などに注意し予防の努力を

食事・生活習慣による予防喘息は、発作への対処や治療だけでなく予防も肝心です。

生活習慣の見直し・食事の内容に気を配るなど、日頃からしっかりと健康管理を行っておけば、発症を防ぐことも不可能ではありません。
そのためには、喘息に良いとされている食べ物や、反対に悪いとされている食べ物を把握しておくほか、タバコやお酒を控えるといった努力も必要です。
これらの知識を得ておくことは、喘息を発症してしまった場合にも役立ちます。

特に食品アレルギーと喘息をもつ人にとっては、必須の知識と言えるでしょう。

  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
喘息全書-注目記事ランキング