喘息
治療喘息の基礎知識

治療

喘息の治療

喘息

喘息の治療気管支喘息そのものを根本から治す方法は未だありません。
しかし発作が起きるのを防いだり、症状を和らげ発作を止めたりする治療薬は存在します。

ここでは、喘息治療の基本である薬物療法について詳しく解説しています。

どんな薬が使われるか等

ステロイドなどの薬気管支喘息の薬といえばステロイドが思いつきますが、他にも色々なものがあります。
喘息の薬は非常に多種類であり、重症度や状況などに応じて使い分けなければいけません。

では、どんな場合にどんな薬が用いられるのかなどを分かりやすく説明していきましょう。

喘息治療は薬物療法が中心です

気管支喘息の治療の中心となるのは薬物療法です。
薬物の投与で喘息を完全治癒させることはできず、あくまでも対症療法にすぎませんが、喘息には不可欠かつ有用な方法です。

気管支喘息でもっとも厄介なのが喘息発作です。
発作がごく軽いものであれば心配はいりませんが、大発作を起こした場合は窒息することもあるので、的確で迅速な対処をしなければ命に関わります。

ですので、気管支喘息の治療=発作への対処、と言っても過言ではありません。
では喘息発作に対抗するための薬には、一体どんなものがあるのでしょうか?

「コントローラー」と「リリーバー」

気管支喘息の治療薬は、大きくコントローラーとリリーバーとに分けられます。
コントローラーは長期管理薬、リリーバーとは発作治療薬とも言います。

名前から分かるとおり、前者は長期の服用によって発作を予防するための薬であり、後者は予期せず起きてしまった発作を鎮めるための薬です。

長期管理薬

長期管理薬としてしばしば用いられるのがステロイドです。
ステロイドは強力な抗炎症薬であり、使用すると気管支の炎症を抑えることができます。
炎症が鎮まれば、気道が狭くなったりアレルゲンで刺激されることもないので、喘息発作が起きなくなるという仕組みです。

なおステロイド薬の投与方法には点滴など色々ありますが、安全性が高いのは吸入であるため、ガイドラインでもICS(吸入ステロイド薬)が推奨されています。

発作治療薬

発作治療薬とは、起きてしまった発作を抑えるための薬です。
長期管理薬のように定期的な投与で発作を予防するわけではなく、症状が表れた時に投与するので、頓服薬や発作止めと言い換えることもできます。

発作治療薬には、気管支を拡張する作用をもったβ2刺激薬が代表的です。
気管支拡張薬であるβ2刺激薬には、短時間型のSABAと長時間方型のLABAの2タイプがありますが、速効性がありリリーバーとして用いられるのは前者のSABAです。

ステロイドには副作用がある?

病態が重い場合は、ステロイドの投与量を増やさなければいけません。
また吸入では間に合わず、緊急を要する場合は、点滴や注射による全身投与が行われます。
大発作による窒息死を防ぐために欠かせない重要な措置ですが、その場合は重い副作用というリスクを避けることができません。

ステロイドの全身投与で起こり得る副作用には、高血圧、肥満、骨粗しょう症、低身長などが挙げられます。
命を救うためとはいえ、肉体・精神ともにダメージが大きいものばかりなので、できるだけ避けたい処置です。

なお投与方法が吸入であっても、しわがれ声が出る嗄声や、口腔カンジダといった副作用が起きることがありますが、全身投与のそれと比べると重くないと言えるでしょう。
また吸入後にうがいをきちんとすれば、このような副作用が出ることはまずありません。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング