喘息
食品,食べ物自分でできる喘息対策

食品に注意

注意したい食品

喘息

食べ物による発作に注意健康や病気を左右するのは、普段の食生活といっても過言ではありません。
特に喘息の人は、発作を誘発する食品を誤って口にしないよう気をつける必要があります。

ここでは、喘息をもつ人が注意すべきさまざまな食品を紹介しています。

喘息に良い食べ物・悪い食べ物

気を付けなければいけない食べ物喘息でもっとも怖いのが、呼吸困難におちいる喘息発作です。
一見体に良さそうな食品でも、喘息発作の引き金になることがあるので注意しましょう。また、症状の改善に役立つ食べ物を知っておくことも大切です。

では、喘息に良い食べ物と悪い食べ物を紹介していきましょう。

銀杏は咳止めになりますが…

銀杏は、漢方薬の材料や、茶碗蒸しの材料としてよく登場する食品です。
尿意を抑える効果があるため、昔より頻尿や夜尿症に効果的として食べられてきました。
また肺を温めて咳を鎮める作用もあるので、喘息によいと言われています。

滋養強壮になる上に美味なので、ついたくさん食べてしまう人が多いですが、食べ過ぎると鼻血、嘔吐、呼吸困難などを起こすことがあるので5〜6個に止めましょう。

ユリ根のスープがおすすめです

ユリ根とはユリの球根のことであり、糖質とタンパク質が豊富に含まれる食品です。
喘息に良い食べ物として有名であり、滋養強壮効果もありますので、積極的に料理に取り入れましょう。
おすすめはユリ根のスープです。

大根おろしの汁+蜂蜜を飲もう

大根は、数ある野菜のなかでも特に薬効に優れています。
喘息の苦しい咳を和らげるには、大根おろしの汁とハチミツを混ぜ合わせたものを飲みましょう。
また大根おろしの汁だけでも、高血圧・つわり・頭痛・貧血・血行不良・二日酔いといった症状や、火傷・打撲などのケガに効きます。

美容面では、お腹の調子を整えたり、ニキビなど肌のトラブル解消にも役立ってくれます。

紫蘇は葉だけでなく実も効能豊か

紫蘇は、お刺身の毒消しや天ぷらなどに用いられる植物です。
紫蘇と言えば薬草、葉っぱというイメージが強いですが、花・実・種も効能豊かです。
葉や実には抗菌作用のあるロズマリン酸や、強力な効炎症作用のあるルテオリンが含まれているので、これらを使ったスープが喘息の咳によく効きます。

メロンやキュウイなどの果物が危険

メロン、キュウイフルーツ、グレープフルーツは、喘息発作を起こすとして有名です。
喘息のある人は、生の果実を食べるだけでなく、これらを使ったジュースも控えましょう。
ほかにも、パパイヤ、マンゴー、リンゴ、バナナ等が発作の原因になりやすいようです。

ただし、喘息をもつ人すべてがこれらで発作を起こすとは限りません。
どの果物のアレルギーを持っているかにもよりますので、自分のアレルゲンを知っておくことが大切です。

刺激の強い香辛料に注意しよう

コショウ、唐辛子、ワサビといった香辛料は、喘息によくありません。
気道粘膜に強い刺激を与えてしまい、発作が起きやすくなりますので、できるだけ料理に使用しないようにしましょう。

どの食物のアレルゲンを持っているか

喘息の人が注意したい食べ物には、サバ・アジ・イワシ・蟹・海老・ホタテ・タイラギ・タラコなどの魚介類、チョコレート・ココアなどの菓子類も挙げられます。
また、蕎麦や小麦も代表的です。

沢山あり過ぎて、食べられる物がないじゃないかと感じるかもしれませんが、これらのアレルギーを持っていなければ心配はいりません。
ただし避けているつもりでも、たまたま買った食品に含まれていることがあるので、成分表示をよく確かめるといった注意が必要です。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング