喘息
飲み物自分でできる喘息対策

飲み物に気をつける

飲み物に気をつけよう

喘息

飲み物による喘息発作の危険性お酒は楽しい気分にさせてくれるものですが、喘息にはよくありません。
またお酒だけでなく、喘息の人は、発作の引き金となるような飲み物は極力控えましょう。

ここでは喘息の人が注意すべき飲み物には、どんなものがあるのかを紹介しています。

お酒など喘息によくない飲料

アルコール以外にも注意少量なら体によいと言われているお酒ですが、なかなか適量を守れる人はいないようです。
健康な人であれば、つい飲み過ぎても一時的な体調不良ですみますが、喘息の人の場合そうはいきません。

お酒が喘息によくない理由や、お酒以外に喘息に悪影響を及ぼす飲料を紹介しましょう。

アセドアルデヒドの仕業です

現在もっとも有力視されている説が、アセトアルデヒドの仕業というものです。
アセトアルデヒドは、お酒に含まれるアルコールが分解されたときに発生する物質であり、 二日酔いや悪酔いの原因となるものです。

そのままでは有害ですが、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きによって、無害な酢酸に分解されるという性質を持っています。

しかしアルコールを摂取しすぎると、分解が追いつかなくなりますので体内に残り、肥満細胞からヒスタミンを遊離させてしまいます。
ヒスタミンは気管支の平滑筋を収縮させる物質ですので、喘息発作を引き起こしてしまいます。

日本人には脱水素酵素が少ない?

なお、お酒によって発作が表れる喘息のことを、アルコール誘発喘息といいます。
特に日本人に多いと言われていますが、理由は、先ほど説明したアセトアルデヒド脱水素酵素が少ないためです。

もともとの体質ですので、強くなろうとして無理に飲むのはよくありません。
また「お酒は喘息を悪化させるどころか治療薬になる」という噂がありますが、これは誤りですので惑わされないでください。

ちなみにアルコールは、ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、焼酎、ウォッカなどどのお酒にも含まれていますが、ご存知の通り含有量は違います。
喘息の人はお酒を飲まないのがベストですが、特に度数の高いお酒には注意しましょう。

牛乳アレルギーは喘息も引き起こす

一般的に健康によいと言われている牛乳ですが、飲むと喘息が表れる人がいます。
特に乳幼児に多い傾向がありますが、これを牛乳アレルギーやミルクアレルギー言い、卵や大豆アレルギーと並ぶ有名なものです。

牛乳には200種ものタンパク質が含まれていますが、喘息症状の表れるアレルギー反応を起こすのはカゼインやラクトグロブリンです。

牛乳アレルギーの場合、これらが体内に入ると、脂肪細胞を抗原として攻撃してしまうため、ヒスタミンが遊離されて腸管の平滑筋を収縮させてしまいます。

そのため下痢や嘔吐などが起こるのですが、他にもアトピー性皮膚炎や蕁麻疹、喘息といった症状も表れることがあります。
牛乳を飲んでアレルギー反応や喘息症状が出た人は、ヨーグルトなどの乳製品も摂取しないようにしましょう。
もちろん牛乳を使ったシチューなどの料理も厳禁です。

牛乳を止めたことで、喘息が改善された人は実際にいます。
ですので、発作がいつまでも治らないという人は、牛乳絶ちをしてみるのも1つの手です。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング