喘息
禁煙,喫煙,タバコ自分でできる喘息対策

禁煙する

禁煙しよう

喘息

禁煙のススメタバコを吸ったら喘息の咳が止まったと訴える人がいます。
一般的には「百害あって一利なし」とされているタバコですが、喘息でも喫煙して大丈夫なのでしょうか?

それともやはり、悪化の可能性を考えて禁煙すべきなのでしょうか。

タバコは喘息に関係ある?ない?

喫煙の害近ごろ男女共に喫煙者が多いですが、言うまでもなくタバコは健康によくありません。
さらに彼らのなかには、喘息を持病に持ちながら「タバコは関係ない」と言い張る人も少なくありません。

しかし本当に、タバコは喘息に何の影響も及ぼさないのでしょうか?

煙草で喘息発作が治まった!?

喫煙習慣のある人は、風邪でもないのに咳き込みやすいようです。
またタバコを吸う人は吸わない人よりも遥かに肺癌を発症しやすいことも判明しています。
これらのことからタバコは呼吸器に悪影響を与えていることは確かであり、タバコは健康に悪いという一般論も疑う余地はありません。

しかし驚くべきことに、タバコを吸ったら発作が治まったという人がいます。
また喘息持ちで喫煙者なのに、何ともないという人も案外たくさんみられます。
タバコは喘息の大敵で、人体に有毒なはずなのに、一体どういうことなのでしょうか。

ストレスが軽減したため?

発作が治まった理由として考えられのが、ストレスの軽減です。
多種の有害物質が含まれるタバコは、一見すると何のメリットもないように思われますが、吸うと気分がスッキリし、ストレスが和らぐと感じる人が多いのもまた事実です。

喘息発作を引き起こす主な原因はアレルゲンですが、ストレスなど精神的なものも大きく関係しています。
もしストレスで発作が起きやすいタイプの人だった場合、タバコによりストレスが解消されたために、発作が鎮静されたという説が成り立つことになります。

止めなくてよい?それとも…

では喘息の人は煙草を吸うべき、また禁煙しなくてもいいということになるのでしょうか。
答えはノーです。なぜなら喫煙が発作に必ず効くという根拠も保障もありませんし、喫煙で症状が悪化したというケースも数え切れないほどあるからです。

またタバコの成分は、気管支に生えている繊毛にダメージを与えることもわかっています。
繊毛は、異物を体の外に排除する重要なものであり、タバコで傷付いたり抜けたりするとその役目を果たすことができません。
すると異物が体内に侵入しやすくなり、気管支炎、咳、痰などの原因となってしまいます。

「自分は喘息に影響しないタイプ」と軽視して喫煙を続けていると、これらの障害どころか肺がんを発症してしまいかねません。
肺がんと喘息の二重苦という最悪の事態に陥らないためにも、やはり禁煙するのがベストでしょう。

副流煙の影響を忘れないで!

そして何より忘れてはいけないのは副流煙の影響です。
副流煙とは、煙草を吸った後に吐き出される煙のことであり、喫煙者自身が吸い込む主流煙よりも有毒性が強いといわれています。

煙草を吸うと、自分だけでなく周囲の健康をも損ねることになります。周りの人の迷惑を考えると、やはり喫煙はよくありません。
また受動喫煙で発作が出やすいという人もかなり多いので、完全な禁煙は難しくても、最低限、喘息の人がいる近辺では吸わないようにするのがマナーです。

タバコが生活の一部になっている人にとって、禁煙はたいへん苦しいものです。
急に我慢したせいでリバウンドし、禁煙前より本数が増えてしまったという人も珍しくありません。

「吸いたいのに吸えない」イライラで、強いストレスを感じるのも喘息によくありません。
ですので、これから禁煙を考えている方は、ニコチンパッチ、電子タバコ、ガムなどを利用し無理なく行うことをおすすめします。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング