喘息
アロマ,アロマテラピー自分でできる喘息対策

アロマで改善

アロマテラピーで改善

喘息

アロマテラピーで症状が改善!アロマテラピーは、良い香りに癒されるだけでなく病気の症状にも作用します。
喘息の苦しい発作を和らげるためには、アロマテラピーを試してみるのも悪くありません。

ここではアロマテラピーを活用して、喘息の発作や症状を改善する方法をお教えします。

喘息に効果的なアロマオイルは?

お勧めのアロマオイルアロマテラピーを行うには、アロマオイルが必須です。
膨大な種類があり、それぞれ効能が違うアロマオイルですが、喘息に効果的なものは一体どれなのでしょうか?

またそれらは、どのような方法で体内に取り入れるのでしょうか。

ミントは喘息・熱・胃もたれに効く

ミントはスースーとした清涼感が特徴の、誰もが知っている定番ハーブです。
有名なのはミントガムやミントキャンディなどのお菓子ですが、他にも歯磨き粉、漢方薬の材料、料理の飾りなど、さまざまなことに用いられています。

ミントは薬効に優れていることでも有名で、喘息のほか熱や胃もたれにも効果があります。
ミントのアロマオイルの使い方は、ハンカチやガーゼに2〜3滴染み込ませて、発作が起きた時に口に当てるなどしましょう。

ティートゥリーの殺菌作用は強力!

ティートゥリーは、花粉症に最も効くとして現在注目を集めているハーブです。
強力な殺菌作用を持つため、昔より薬草として病気やケガの治療に役立てられてきました。
またティートゥリーのアロマオイルは、免疫力を高める、歯茎の腫れや痛みの緩和、肌のトラブル改善、喘息の症状を和らげるのにも有効です。

アロマテラピーに用いる場合は、枕やハンカチなどに数滴垂らして匂いを嗅いだり、お風呂に入れるなどして下さい。

レモングラスは咳を和らげてくれる

レモングラスは、猫草としても知られているハーブです。
名前の通り爽やかなレモンの匂いがするハーブであり、アロマオイルでは数ある種類のなかでも特に人気が高いものです。

香りにはリフレッシュ効果があり、気分転換ややる気を出したい時に用いるのがお勧めですが、喘息の咳や風邪の症状を緩和してくれる作用もあります。
活用法はハーブティーが代表的ですが、アロマポットで室内に蒸散させるのも効果的です。

ユーカリラディアータは低刺激で使い易い

約500種類あるユーカリのなかで、アロマオイルに用いられているのは15種類ほどです。
そのうち最も低刺激で使いやすいのがユーカリラディアータです。
呼吸器系の障害に有効で、咳を鎮める作用があるので喘息に試してみる価値があります。

他にも鼻づまり、気管支炎、咽頭炎などの症状に効くと言われていますが、高血圧やてんかんを持つ人には危険ですので使用を控えてください。

マートルを使用すると痰ができ難くなる

マートルは、ユーカリに似た清々しい香りを持つハーブです。
白く可愛らしい花を咲かせる植物であり、アロマオイルには、心が落ち着く・怒りが静まるなどの精神的な作用ほか、喘息による咳や風邪の鼻づまりといった症状にも作用します。
また気管支からの粘液の過剰分泌を抑えてくれるので、喘息にはつきものの痰ができにくくなるという利点もあります。
マートルのアロマオイルでアロマテラピーを行うのであれば、芳香浴、マッサージ、アロマバスなどがお勧めです。

アロマオイルは必ず希釈して使用を

アロマオイルを活用する時は、さまざまな注意事項を守らなければいけません。
まず絶対に原液を肌につけたり、飲んだりしないというということです。

またさまざまな症状に効果があるとはいえ、種類によっては反対に病気に悪影響を与えるものもあるので、必ず使用前にはお店の人や専門家に相談することが大切です。

また肌の弱い人の場合、何らかの皮膚トラブルが起きることがありますので、少しでも痛みや痒みを感じたら使用を中止しましょう。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング