喘息
サプリ,サプリメント自分でできる喘息対策

サプリを活用

サプリメントを活用する

喘息

サプリメントの効果サプリメントは、不足しがちな栄養素を手軽に補給できる便利なものです。
またサプリは正しく活用すると、喘息などの病気症状を緩和するのにも役立ってくれます。

では喘息に効果のあるサプリメントには、一体どんなものがあるのでしょうか?

喘息に効くサプリや上手な活用法

喘息に効果的なサプリメントサプリメントは、目的や症状に合ったものを選ばなくてはいけません。
また飲む前に、自分の病気や症状の正体をきちんと確かめて、そのサプリメントが適当であるかを見極めることも重要です。

喘息に効くと言われているサプリメントの種類や、上手な活用法などをお教えしましょう。

α-リノレン酸で喘息症状が和らぐ

α-リノレン酸とは、DHAやEPAに変化する性質をもった多価不飽和脂肪酸の一種です。
体内での合成ができない必須脂肪酸であるため、菜種油・しそ油・胡桃といった食品や、サプリメントなどから意識的に摂取しなければいけません。

α-リノレン酸は、生活習慣病やがんの予防・改善に大いに役立ちます。
またリノール酸の働きを抑える物質を作り出すため、花粉症、アトピー、喘息といった症状の緩和を図るのにも有効です。

βカロチンは喘息予防に役立つ

βカロチンは、人参やカボチャなどの緑黄色野菜に含まれている栄養素です。
体内では、小腸・肝臓・腎臓といった臓器で分解されることでビタミンAに変わります。
ビタミンAは目に良いことで有名ですが、気管支の粘膜の健康を支えて、アトピー性皮膚炎や喘息を防いでくれます。

ビタミンAの摂り過ぎは中毒を引き起こす危険性がありますが、ビタミンAの前駆体であるβカロチンならば、たくさん摂っても必要な量しかビタミンAに変換されません。
ですので、サプリでの補給を考えるのであれば、βカロチンのほうを選ぶとよいでしょう。

ビタミンEで酸化や気管支喘息を防止

ビタミンEは、体の酸化を防ぎ、若さを保つための重要な栄養素です。
酸化とは、細胞が壊れて体内が錆びてしまうことであり、切ってしばらく置いたリンゴが茶色くなった姿を想像すると分かり易いかもしれません。

強い抗酸化作用のあるビタミンEが不足すると、気管支などの細胞や粘膜が炎症を起こしてしまい、アトピー・花粉症・気管支喘息が悪化する恐れがあります。
ビタミンEは魚卵など、脂分も多い食べ物に含まれていますが、脂はアトピーの原因になるので、サプリメントを活用するのがお勧めです。

乱用や過剰摂取は止めましょう

アレルギー疾患や気管支喘息の原因には、ビタミンC、ビタミンB6、亜鉛、マグネシウムの不足も考えられます。
これらは脂肪酸の代謝に欠かせない大切な栄養素ですので、悪化を防いだり、症状の緩和を図るためにも、サプリメントを上手く利用しましょう。

今まで紹介した栄養サプリは、どれも喘息の改善が期待できるものばかりです。
しかし服用量には十分気をつけてください。栄養不足も問題ですが、栄養過多も良くないからです。
早く治したいからといって一気にたくさん飲むと、各栄養素の中毒症が出現する危険性があるので止めましょう。

また「毎日の食事をすべてサプリに置き換える」といった乱用も厳禁です。
食べ物からの摂取でなければ、体内に吸収されにくい栄養素はたくさんありますし、無茶をすると病気が治るどころか健康を損ねてしまいます。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング