喘息
肺炎,ウイルス性肺炎喘息の合併症や似ている病気

肺炎

肺炎について

喘息

肺炎とは肺炎は、主に風邪をこじらせた時に発症しますが、別の理由でかかることもあります。
息ができなくなるほどの咳が表れたら、喘息ではなく肺炎の可能性もあるので要注意です。

ここでは気管支喘息と似た症状の表れる病気、肺炎について分かり易く解説しています。

肺炎の正しい知識

特徴的な症状肺炎は多種類ありますが、どれも呼吸困難や咳など共通した症状が表れるのが特徴です。
しかしそれ故に、気管支喘息などの病気と勘違いされてしまうことも少なくありません。

きちんと識別して適切な治療を受けるべく、肺炎に関する正しい知識をお教えしましょう。

市中肺炎など、呼び方はいろいろ

肺炎とは、肺に病原菌が侵入・感染することにより、炎症が起きてしまう病気のことであり、ウイルス性肺炎と呼ばれることもあります。
感染したからといって必ずしも肺炎になるわけではなく、通常は、元気がないときや免疫力が低下したときに発症します。

肺炎の原因菌は主に口や鼻から侵入しますが、種類はいろいろあります。
また肺炎の呼び方は、以下のように感染した原因菌や、感染した状況によって異なります。

肺炎の分類 原因菌
市中肺炎 細菌性肺炎 肺炎球菌、インフルエンザウイルス、黄色ブドウ球菌、クレブシエラ菌
非定型肺炎 マイコプラズマ、クラミジア、レジオネラ、リケッチア
院内肺炎 MRSA、グラム陽性球菌、グラム陰性桿菌、真菌
嚥下性肺炎 レンサ球菌、嫌気性菌、グラム陰性桿菌

高齢者は症状がわかり難いので注意

肺炎を発症すると、咳、熱、悪寒、胸痛、痰などの症状が表れて、何日か持続します。
もし息切れや息苦しさを感じたり、意識清明度の低下があったり、唇や爪が青紫色になるチアノーゼが起きていたりしたら、かなり重症と考えられます。

高齢の方の場合は、食欲の低下、元気がなくなるといったわかり難い症状しか表れないことがあるので、注意しなければいけません。
また若い人であっても、「風邪気味なだけ」「煙草にむせたせい」などと捉えられて見過ごしてしまうことが多いので、定期的に検査を受けるのが望ましいと言えます。

聴診で「パチパチ」と聞こえるはず

問診や聴診で、頻呼吸・頻脈・呼吸音の異常などがみられたら、肺炎が疑われます。
激しい咳があるので気管支喘息の可能性を考える人もいますが、呼吸音をよく聞いて以下の検査で詳しく調べれば、大抵はきちんと見分けがつきます。

なお、もし肺炎だったら聴診でパチパチという音が聞こえますが、喘息だった場合はヒューヒューという風のような音が聞こえてきます。

検査 特徴
胸部エックス線検査 肺炎の場合は、レントゲン写真で肺に白い影がみられる
胸部CT検査 病変の場所や広がり具合などの特定に役立つ
血液検査 白血球、CRP、PaO2の値により、重症度を判定する
喀痰検査 採取した痰を観察し、肺炎の原因菌の有無や種類を調べる

菌に合った薬を選んで投与する

肺炎の治療の中心となるのは薬物療法であり、大きく症状を緩和させるための薬と、菌を殺すための薬の2つに分けられます。
なお肺炎の原因菌はさまざまですので、菌に合った薬の選択と投与が大前提となります。

治療が上手くいけば1〜2週間で回復にむかいますが、免疫力が低かったり、いくつもの菌に感染していた場合は、治癒が遅くなったり、最悪の場合は命を落とすこともあります。

菌に合った薬を選んで投与する

肺炎の治療の中心となるのは薬物療法であり、大きく症状を緩和させるための薬と、菌を殺すための薬の2つに分けられます。
なお肺炎の原因菌はさまざまですので、菌に合った薬の選択と投与が大前提となります。

治療が上手くいけば1〜2週間で回復にむかいますが、免疫力が低かったり、いくつもの菌に感染していた場合は、治癒が遅くなったり、最悪の場合は命を落とすこともあります。

菌を殺すための抗生物質

  • 細菌性肺炎
    ペニシリン系、セフェム系
  • 非定型肺炎
    マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系
  • 院内肺炎
    第2世代、第3世代のセフェム系
  • 嚥下性肺炎
    リンコマイシン系、ペニシリンG

対症療法の薬

  • 咳の鎮静
    中枢鎮咳薬(麻薬性鎮咳薬、非麻薬性鎮咳薬)
  • 痰の排出
    去痰薬(気道分泌促進剤、気道粘液溶解剤、気道粘膜修復剤)
  • その他
    解熱剤や消炎剤
【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング