喘息
肺がん喘息の合併症や似ている病気

肺がん

「肺がん」について

喘息

早期治療が必要な肺がん肺がんは、いつの間にか末期まで進行していたというケースが少なくありません。
できるだけ早い段階で異変を察知できるよう、肺がんに関する知識を学んでおきましょう。

ここでは、気管支喘息のような症状が表れる病気の一つ、肺がんについて紹介しています。

原因や症状、受診時の注意点など

見逃せない症状と原因肺がんの症状はあまり特徴的ではないため見過ごされがちです。
煙草を吸う人で咳が頻繁に出るような人は、「風邪のせい」「喘息もちだから」で片付けてしまわずに、肺がんの可能性も疑いましょう。

肺がんの原因や症状、検査や治療の方法ほか、受診時の注意点などをお教えします。

煙草やアスベストが原因です

肺がんとは、肺や気管などに悪性腫瘍が生じる病気のことです。
原因は誰もが知っている通りタバコであり、喫煙者は非喫煙者よりはるかに発症のリスクが高いことがわかっています。

しかしタバコを吸わない人は絶対に安全、というわけでもありません。
なぜなら、喫煙者が吸うタバコの煙(副流煙)が体内に入ることでも、肺がんにかかることがあるからです。

また近年話題になったアスベストも、肺がん発症に大きく関係しています。
アスベストはその昔、優秀な建築材料としてマンションなどに用いられていた鉱物です。
しかし後に、発ガン性のある有害物質という事実が判明したために使用禁止となりました。

当時アスベストを使用した建物に住んでいた人は、知らず知らずのうちにアスベストを吸い込んでいる可能性が高く、いつ肺がんを発症してもおかしくない状態にあるのです。

声枯れや息苦しさ等の症状に注意

肺がんの初期症状として表れるのが、咳や痰です。頻繁に咳き込み、のどに痰が絡みやすく、洗面所で俳痰してみたら血が混じっていたというのがよくあるパターンです。
またこれらと一緒に、発熱や胸痛が起きることも多いです。

声枯れ、息が苦しい、倦怠感、食欲低下、顔が腫れぼったい等の症状がみられたら、癌が進行していると考えられますので、できるだけ早急に病院へ行く必要があります。なお「風邪薬を飲めば治る」「持病の喘息のせいだろう」と軽く捉えるのはとても危険です。

問診では、詳しく正直に答えよう

肺がんも気管支喘息もしつこい咳が出る病気ですが、ご存知の通り全く別物です。
問診だけで病名が決められるようなことはまずありませんが、正しく診断してもらうためにも、できるだけ詳しく医師に状態を伝えるようにしましょう。
またタバコを吸うかどうか・本数などを問われたときは、正直に答えることも大切です。

肺がんは、胸部X線検査、CT検査、喀痰検査、気管支鏡検査などで調べます。
レントゲン写真に白いモヤのようなものが写ったら、肺がんの疑いが強いといえますが、病変が心臓や骨の後ろに位置していると写らないので、CT検査が行われる場合もあります。

また、採取した痰からがん細胞を検出する喀痰検査や、肺カメラで気管支を観察したり細胞を針で採取したりする気管支鏡検査も重要です。

負担が小さい治療法もありますが…

肺がんの治療方法は、手術・放射線・抗がん剤の3つです。
患者さんの体力やステージに合ったものが選択されますが、いずれかを単独で行うこともあれば、いくつかを組み合わせて行うこともあり、さまざまです。

肺がん治療は、抗がん剤の副作用などが難点ですが、近ごろは体への負担が小さい定位放射線という方法も登場しており、治療成績は良好のようです。
しかしいくら有用な治療法があっても、末期に近いほど治癒が難しくなるという事実は変わりません。
何より予防や早期発見が肝心だということを、心にとめておいて下さい。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング