喘息
COPD喘息の合併症や似ている病気

COPD

COPDを分かり易く解説

喘息

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とはCOPDは、年々減っている喘息死とは反対に、徐々に死亡者が増えている病気です。
重症化するととても危険ですので、禁煙や治療に専念し早めに改善しなければいけません。

ここでは喘息と誤診されやすい病気の一つ、COPDについて分かりやすく解説しています。

原因や症状、検査や治療法

増加傾向にある肺の生活習慣病「肺の生活習慣病」であるCOPDは、日本でも世界的にみても増加傾向にあります。
症状が喘息など他の呼吸器疾患と似通っているため、正しい診断や早期の治療が重要です。

COPDの原因や症状、検査や治療の方法などを詳しく説明していきましょう。

原因の約9割はタバコです

COPDとは、昔は肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれていた病気の総称です。
肺気腫と慢性気管支炎は原因が共通しており、合併することが多いため、COPDとまとめて呼ばれるようになりました。

COPDは“Chronic Obstructive Pulmonary Disease”の略であり、日本語に訳すと慢性的な肺の閉塞性疾患”という意味があります。
名前通り呼吸機能をつかさどる肺が閉塞を起こす病気であり、原因の約9割はタバコです。

特に喫煙習慣のある人や、過去に喫煙歴のある人が発症しやすいと言われていますが、危険なのは喫煙者だけではありません。
喫煙者の近くで煙を吸わされている人、つまり受動喫煙者にもリスクがあります。

またタバコ以外にも、大気汚染や化学物質の粉塵、有毒ガスなども原因になり得ます。
これらが飛び散っているような場所、例えば工事現場や自動車工場などで長期勤務している人にも発病する可能性があります。

進行すると胸が樽のようになる

タバコには、ニコチンやタールなど人体に有害な物質が4000種近く含まれています。
これら化学物質や粉塵が体内に侵入すると、気管支が炎症を起こしてしまいます。

気管支の先は肺胞へと繋がっていますので、気管支が炎症し腫れ塞がってしまうと、うまくガス交換を行うことができません。
ガス交換とは空気中から酸素を取り込んで、二酸化炭素を体外へと排出する働きの事です。

呼吸機能がきちんと働かなくなると、呼吸困難、咳、痰といった症状が表れます。
また気管支喘息のように、息をするたびにゼイゼイと音が聞こえてくる喘鳴も起こります。
胸部が樽のように膨らんで大きくなっている場合は、病気が進行していると考えられます。

喘息と識別するための検査も必要

原因に心当たりがあったり、上記のような症状がみられたら、すぐに病院へ行きましょう。
病院では、COPDを診断するためにスパイロメーターを使った呼吸機能検査を行います。
この検査で1秒率が69%以下だったら、COPDの疑いがあります。

COPDと似たような症状が表れる病気は、喘息をはじめ他にも色々あります。
ですので、それらときちんと識別するには、呼吸肺機能検査だけでは十分ではありません。
正しい診断を下すためには、胸部エックス線検査、心電図検査、胸部CT検査、血液ガス分析といった検査も必要です。

禁煙はどんな人にも必須!

COPDの治療は重症度や年齢に合わせて行いますが、禁煙はどんな人にも必須です。
タバコが習慣化している人には辛いですが、止めなければ回復に向かうことはありません。
呼吸機能を改善して、健康的な生活を取り戻すためにも頑張りましょう。

COPDはインフルエンザや風邪で悪化しやすいので、予防接種も重要です。
また食事や睡眠をしっかりとる、帰宅したら必ず手洗いとうがいをする、人混みの多いところではマスクをするなどの個人的な注意も必要です。

ほかにもCOPDの治療法には、ステロイド・去痰薬・抗菌薬・気管支拡張剤を用いた薬物療法や、呼吸困難の症状の緩和を図る呼吸リハビリ、低酸素血症を改善するための在宅酸素療法などがあります。

進行すると、筋肉が衰えて寝たきりの状態になったり、呼吸不全で命を落とすこともありますので、これらをしっかりと行うことが大切です。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング