喘息
大人喘息気管支喘息Q&A

風邪で発症?

風邪で発症する喘息とは

喘息

風邪から喘息へ喘息は子供に多い病気というイメージがありますが、大人もかかります。
風邪がなかなか治らないと感じたら、慢性化ではなく喘息を発症したのかもしれません。

近ごろ、30代〜40代の人に増えていると言われている大人の喘息について紹介します。

大人喘息の特徴など

成人してからの大人喘息喘息の患者さんの約半分は、意外にも大人になってから発症していると言われています。
成長と共に自然治癒することの多い子供の喘息とは違い、一度罹るとなかなか治りません。

なぜ大人の喘息は治りにくいのでしょうか。
また、大人喘息の特徴なども紹介しましょう。

子供だけに発症する病気じゃない

喘息は生まれつきの病気、という認識を持っている人が多いかと思います。
確かに幼い頃に発症したというケースが多くみられますが、だからといって決して「自分はもう成人しているから大丈夫」なのではありません。

喘息は大人になってからも発症し得る病気であり、その証拠に日本では大人喘息の患者数が年々増えているという報告があります。
では大人の喘息は、子供の喘息とはどう違うのでしょうか?
また何がきっかけで発症するのでしょうか。

長引くカゼの正体は…

大人になってから発症した喘息のことを、大人喘息や成人喘息といいます。
喘息には、アレルギー性喘息と非アレルギー性喘息の2種類がありますが、大人の喘息のほとんどは後者の非アレルギー性喘息です。

非アレルギー性喘息はアレルギー性喘息とは違い、ホコリや花粉といったアレルゲンが発作を引き起こすわけではありません。
非アレルギー性喘息の引き金となるものには、ストレス、喫煙、大気汚染などさまざまなものが挙げられますが、大人喘息の場合は、特に多いのが風邪です。

風邪は肺炎へと進行する危険性を除けば、それほど深刻なものではありません。
もともと健康な人であれば、風邪薬を飲んで安静にしていれば、大抵は数日で回復します。
それ故に、たとえ長引いたとしても「今年の風邪はしつこい」「疲れているから治りが遅いだけ」などと軽く捉えられがちです。

しかし油断してはいけません。
実はその長引く風邪の正体は、喘息の症状だったということも十分に考えられるからです。

治りにくいのは多忙のせい?

大人の喘息は、小児喘息と比べて治りにくいと言われていますが、一体なぜでしょうか?
それにはライフスタイルや生活環境といった要素が大きく関係しています。

先ほども述べましたが、大人喘息は30代〜40代での発症が多くみられる病気です。
30代〜40代といえば、ちょうど仕事や家事・育児などで忙しい毎日を送っている年代です。

そのため喘息を発症してしまっても、治療に専念する暇がありません。
良くなったと思ったら、また多忙による疲労で逆戻り、というのがよくあるパターンで、また体力と免疫力が低下しているため重症化することもしばしばあります。

空気の汚い場所や人混みは、喘息の大敵です。人がたくさん集まる職場に毎日通い、更にそれに仕事や人間関係のストレスが加わるとなると、喘息の人がどうなってしまうかは容易に想像がつくと思います。

風邪がなかなか治らず、また咳が長引くという場合は、喘息の可能性を疑いましょう。
悪化すると厄介ですので、少しでもおかしいと感じたら直ぐに病院へ行くことが大切です。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング