喘息
水泳気管支喘息Q&A

水泳は危険?

喘息に水泳は危険?

喘息

水泳で喘息を克服!一般的に、日頃から運動で体を鍛えている人は丈夫で免疫力も高いと言われています。
しかし喘息など何らかの病気を抱えている人の場合は、それが当てはまるとは限りません。

喘息の人におすすめの運動は水泳とされているようですが、危険はないのでしょうか?

喘息改善に役立つかなど

水泳の良い点と悪い点お母さんが、喘息を持つ子供に水泳を習わせるという話をよく聞きます。
またオリンピックで活躍している水泳選手のなかにも、水泳を始めたのは喘息がきっかけという人が意外にたくさんいます。

水泳はやはり、喘息の改善に役立つのでしょうか。

呼吸機能のアップで発作が止まるかも

水泳は、全身をまんべんなく動かせるスポーツです。短時間で多くのカロリーを消費できる半面、水の中なので体への負担が小さく、他のスポーツのように衝撃で足や関節を痛めたりする心配もありません。

全身の筋肉を無理なく鍛えられる上に、息継ぎの仕方など呼吸法を学ぶこともできます。
水泳で呼吸機能が向上すれば、喘息発作で呼吸困難を起こす回数が減るかもしれません。

体力・筋力がつくと、ちょっとの運動で息が上がるようなこともなくなります。
運動誘発性喘息の予防に繋がるほか、免疫力がアップして、喘息の大敵である風邪も引きにくくなります。

精神にもよい影響を与えてくれる

水泳は、肉体だけでなく精神にもよい影響を与えてくれます。
喘息を持つ子供は、運動するとすぐに息が苦しくなったり、発作が表れたりしやすいので、「自分は運動神経がない」「スポーツは苦手」と思い込んでしまう節があります。

なかには運動がコンプレックスとなり、消極的な性格になってしまう子もいるようです。
本当はスポーツの才能を持っているかもしれないのに、それに気付かずに終わってしまうのはあまりに勿体ないことです。

泳ぎが得意になって自信がつけば、何事にも前向きになれます。
そればかりか喘息を克服し、将来水泳選手として活躍できる可能性だってあります。
実際にオリンピックに出場するほどの選手に成長した例もありますので、決して大げさではありません。

どんな場合でも無理は厳禁です

水泳が喘息によい影響をもたらすことは間違いなさそうです。しかし注意しなければならないのは、どんな場合でも無理は厳禁であるということです。
言うまでもありませんが、体調が優れないのを堪えて泳いだり、重症なのに無理矢理プールに通ったりするのは絶対に止めましょう。

さらに泳げればどんな場所でもよい、というわけではありません。喘息の人は気候に敏感なので、気温や湿度(寒くて空気が乾燥していないかなど)といった点に気を付ける必要があります。
またきちんと掃除が行き届いていて清潔かなど、衛生面をチェックすることも重要です。

温水プールがおすすめですが…

もし喘息治療に水泳を取り入れるつもりであれば、温水プールがよいでしょう。
温水プールは体を冷やす心配もなく湿気が多いので、上記の条件をクリアしています。
泳ぐ前には環境のチェックのほか、まめに休憩を入れるなどして自分の健康管理もしっかり行いましょう。

個人的に通うのもよいですが、喘息を持つ子供を対象に水泳教室を行っているところもあるので、それを利用するとより安全です。

なおアトピー性皮膚炎がある場合、プールの塩素は大敵になります。
またプールの塩素が気道を刺激し、発作を誘発する危険性があるとも言われています。泳いだ後に体をしっかり洗えば大丈夫という人もいますが、確実とは言えません。

ですので、喘息やアトピーを持つ方は、塩素を使用しているプールかどうかをよく確認してから入るようにして下さい。
もしプールに近付いたり、入ってすぐに違和感を覚えるようであれば、絶対に無理して泳がないようにしましょう。

【喘息全書】コンテンツ分類
  • 【喘息の基礎知識】発症の原因、症状が違う種類、早期の治療に繋がる検査・診断法を解説
  • 【自分でできる喘息対策】発作の対処法や症状を抑える食事や飲み物、アロマやサプリ・温泉の話題
  • 【喘息の合併症や似ている病気】結核や肺炎・肺がんなどの注意が必要な病気の詳細
  • 【気管支喘息Q&A】原因は風邪?胸痛!?完治は?季節差・地域差って?水泳や喘息草について
【喘息全書】コンテンツメニュー
  • マクロビで予防 - 喘息を防ぐマクロビオティック
  • アロマで改善 - 喘息が楽になるアロマオイル
注目記事(喘息全書)ランキング